歓喜の響き   お披露目価格 (2リットル)10,800円→ 9,500円

 

 定番商品となっている「岩の力」ですが、このミネラル成分の溶液は誰が最初に作ったのだろうか、と長い間不思議に思っていた所、会員のお一人に「あれは久保力先生という方が開発したんですよ」と教えて頂き、4月末にお会いすることができました。

現在80過ぎのお元気な爺さん先生でしたが、その開発秘話を詳しく教えて頂きました。

ミネラル水のラベルにその要約が要領よく書いてありましたので、 そのまま紹介させて頂きます。

-----------------

1967年日本のある場所で移動動物園が開園された時、雨が降った後の水たまりに、動物たちが集まって来ました。専用の水飲み場があるのに、地面に貯まったアチコチの泥水をおいしそうに飲み干してしまいました。    

不思議に思って、秋田大学の鉱物学教授に調査を依頼したところ、水たまりの場所の土は、なんと約8,000万年前の海底火山の花崗岩が隆起した後、600万年もの間に風化して出来た土でした。地層が雨水を、素晴らしいミネラル成分が含まれた水に変えたために、動物たちが喜んで飲み干したことが判明しました。

その場所を25mまで掘り下げところ、粒状風化花崗岩を発見したのです。そして粒状風化花崗岩が不思議な力を持っているのに驚き、その有効利用の研究を始めました。

最初、農業に利用したら、それは驚くべき効果がありました。

全てに作物の光合成に力を2040%も高め、生育を盛んにして生産量を増やすという結果がでました。

その後、私の後輩の薬学博士に紹介したところ、粒状風化花崗岩が人体に及ぼす効能効果の研究をして、製法特許を取り現代に至るまでになりました。この粒状風化花崗岩の砂を無機酸で数ヶ月かけて自然抽出した濃厚液を人体に役立つ濃度に100倍にしたものが希釈溶液「歓喜の響」です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今様々なミネラル成分の水が出ていますが、全てこの久保先生の歓喜の響きの亜流品のようです。

「岩の力」も今後扱いますが、同じ価格で「岩の力」より濃厚な味です。

この商品も今後扱って行きたいと思っています。

 

現代人はミネラル不足。

それは野菜が大地にあるミネラル分を吸わず、肥料を吸って育ってしまうと言われています。

毎年春に裏磐梯に行きますが、ここで出るいろいろな山菜の味はとても濃厚な味です。

近年この山菜も八百屋で売られていますが、全く別物です。この濃厚な味こそが山の中の競争を生き抜いた大地の恵みをたっぷりと吸った味なのです。

現代人はミネラル不足、このミネラル不足が目に見えない病気を引き起こしているとも言われています。30cc程度飲むだけで小型トラック一台分の野菜を食べたのと同じミネラルが取れます。

是非知って頂きたいと思います。