■ 自然音CD & 音楽CD類 概要

※ ショップ機能のお申し込みがうまく行かなかった場合は、問い合わせを使ってメール、もしくはお電話をお願いいたします。

 

⇒伝聴研へのお問合せ


「音のカタログ」  価格1,620円

 

ホームページにサンプル音源が掲載できませんので、興味のある方はこの「音のカタログ」をご注文ください。殆どが網羅されています。

 

《ある山の風景》《ある海の風景》《ある山里の風景》《音の風景》全てを網羅いたしました。全32枚分、32トラックです。

自然音CDのどの種類が良いか迷っておられる方が是非ご利用ください。

また自然音CDの一つとしてお持ち頂いても味わい深い内容です。お勧めです。

《パワースポットの音》《自然の中のモーツァルト》《郷愁》は別CDに計画中です。

 

◆ 自然音CD35種類 一枚4,320円

ここで販売している自然音CDシリーズは、リラクゼーションとして一般のスピーカーから流せますが、自然と共に今日まで営んできた人、きっとその自然の音には人間にとって欠くことのできないエネルギーがあるはずだと田舎育ちの私に閃きがおきて、販売されている百種類前後の自然音を聴き回りました。しかし自然音と呼べるものは殆どなく、非自然音にがっかり。そこでやむなく自分で録音に出るはめに。

素人の私の録音行脚は想像を絶する過酷な珍道中になってしまったのです。

自然音から「香りまで漂わせる」というコンセプトで録音をしています。

自ら製作した特殊な装置で録音。

高いと思われるこの価格も、その実費すら回収できていません。回収するつもりもありません。自然音CDシリーズ・音楽シリーズはトレーニングの補助として心を込めて製作しています。

これらの自然音CDをお聴き頂いた方はリアルな自然音の素晴らしさに多分驚いて頂けると思います。

→所長・傳田文夫の自然音日記


◆ パワースポットの音シリーズ5種類 一枚6,610円

各地に録音に出かけていると妙な事に気づく、広葉樹林帯が広がっていても鳥がいない所、何となく気持ちがよくない所には鳥がいない。

 

また不思議な事にその気持ちの良い場所は天変地異があった場所が多い。その地には鳥も人も住んでいる。

そんな所の録音も溜まってきた頃、学研の「ムー」からパワースポットの音をシリーズで出しませんかという話を頂いた。

この5枚のシリーズは特に私が気を感じた場所の良い録音を特集した。その地の写真5〜6枚、〈分杭峠の気音〉と〈葦原神社と大池の気音〉には気を強く感じる地点を地図にして付録した。


◆ナクソス音楽CD類(推薦盤約30種類)一枚1,380円

今はもう懐かしい話となってしまいましたが、「日本人はクラシック音楽をどう把握するか」を出版した直後、出版社に行った際、サンプルCDが箱の中に入っていました。良いものは皆社員が持って帰って、残りが幾つかありました。見ていると「欲しいのがあればお持ちください」と。

その中の一枚にケースが割れたものがあり、ナクソス(レーベル名)のサンプルCDが一枚。「これ頂きます」と持ち帰り、聴いてみると素晴らしい音質。

聴覚システムの音源をどうしようかと迷っている時で、即「これにしよう」と。

サンプル60分全部製作し、聴覚システムには理想的な音質だ。

そこで、「このCDを使えないか」とナクソスの日本法人に手紙を書きました。私の3倍の文章で「気骨に惚れました。サンプルなら無料でどうぞお使いください」「ビジネスになったら、またお話をさせて頂きましょう」。と言う大変好意的な返事を頂いた。以来伝聴研の音源は全てこのナクソスを使用しています。

音質の素晴らしさは他のレーベルと比べ、群を抜いています。

現在、手に入り難くなっていますが、PDFにあるものはだいたい揃っています。

このCDを聴くことによって、音質が同じなためにトレーニングと耳も錯覚します。

◆ ナクソス音楽CD(マルコポーロシリーズ)類(推薦盤約10種類)一枚2,770円

マルコポーロ

同じくナクソスのレーベルで珍しい曲を集めたシリーズです。価格は前者より少し高めですが、価値あるCDが山のようにあります。

彷彿とさせるCDだけ20枚程度選びました。

 

在庫限りとさせて頂きます。


音楽CD「自然の中のモーツァルト」4枚組み15,420円

自然の中のモーツァルト
自然の中のモーツァルト

いつから始まったのかモーツァルト神話。

生誕〜〜年、没後〜〜年、それにつけ、話題になり、〜〜に効果があると始まります。

閉口している私ですが、モーツァルトのCDを作ってくれないかと、よく要請を受けます。「私は意地でも作りたくない」と断ってきました。

ある仕事が一段落したとき、再び要請を受けました。選曲屋なんてやりたくないと、一時は断りましたが、その後ピンと閃くものがあり、「それ」だったらやっても良いと思うようになりました。確か没後の記念の年ではなかったかと思いますが、「生誕251年を記念してだったらやるよ」とわざわざ一年づらして発売しました。何回聴いても飽きが来ない素晴らしい特集になりました。


  音楽CD 《郷愁》 4,060円

  郷愁
  郷愁

人間の記憶は古い記憶ほど消えないで残っているということが良く言われます。

信州の田舎を車で走っていたある秋の事です、刈り入れ時のこの稲穂の香りもさることながら、藁を燃やす香りもとても懐かしい香りがします。幼児の頃の記憶が瞬間に蘇ってきました。記憶の片隅にある、すっかり忘れている記憶が香りとともに瞬間、蘇って来たのです。

その時、また違った臭いがしてきました。それは電機の配線をして基板を焦がした臭いです。セルロイドでもない、独特に臭いが瞬間、小学生の当時を思い出させたのです。

香りもさることながら、同じく古い器官である耳の記憶も素晴らしいもので、子供の頃聴いた曲はまず忘れる事はありません。

私は童謡が好きな事から、昔懐かしい曲を集めたCDを作りたいと思っていました・・・・